恋愛

飲み会でモテるコツ&男受け最悪のNGポイント|モテ女の法則

投稿日:

飲み会

NG行為1:彼氏ののろけ話をする

女性のいる飲み会に参加するときは、それが合コン風のものでも、サークルの打ち上げでも、職場の飲み会でも男としては少しでも女性との会話を楽しみたいものです。その女の子が彼氏持ちだったとしても、自分が恋愛対象外だったとしてもその場くらいは盛り上がって楽しめれば飲み会に来たかいがあるというものです。
そんな時に女性が彼氏ののろけ話に夢中になっているのを聞くのは男にとってまったく面白くないし苦痛でしかありません。「彼氏と南国リゾートに行ったときなんだけど~。」「私の彼氏は好き嫌いが多くて超困るんですよ~。いつもが代わりにブロッコリーばっかり食べてて。」などと、女性の側は話題提供しているだけのつもりかもしれませんが、男性の側にしてみればこの飲み会でこの女の子と話しても得るものが無いと感じてしまいます。彼氏の存在を必要以上にアピールされても、なんか自分たちはその彼氏と比べて魅力が無いって言われてるような気分になってなんかがっかりします。

NG行為2:男性に対する警戒心を露にする

女性がいる飲み会で初対面でも、普段職場で仕事の話しかしない人とでも近い距離で一緒に食事するのは男にとってささやかな楽しみです。たとえ社交辞令であっても、女性の可愛い声で「〇〇さんていいお父さんになりそう~。」「そこの二人お似合いじゃない~。付き合っちゃいなよ~。」「何言ってるんですか~、やめてくださいよ~。」なんて会話もしてみたいじゃないですか。もちろんそれで勘違いして付き纏うとかそんなつもりは一切なくてその場で盛り上がりたいだけなんです。
それなのに、女性が自分たち男性に対して警戒感を露にしているのがわかると、なんか男ですみませんという気分になってしまって飲み会で萎縮してしまいます。
例を挙げれば、後から来た人の為に席を詰めただけなのに、隣の女性がすごい勢いで距離を取って離れたり、同じ皿に手を伸ばして触れそうになったらすごいスピードで手を引っ込めたり、さっき言ったみたいな他のメンバーからの冷やかしに対して「付き合いませんから!止めてください!」と真顔で否定されたりするとがっかりします。

スポンサーリンク

NG行為3:豪快すぎる飲みっぷり

飲み会だし、男も女も酒好きがいれば飲めない人もいるし、自由だとは思いますよ。でもやっぱり飲み会であまりにも豪快すぎる飲みっぷりの女性にはがっかりしますね。
別に飲めない振りして欲しいとか、女だからおしとやかにして欲しいとまでは言いませんよ。でも、とりあえずビールを注文したら誰よりも早く喉を鳴らして一気飲みして「か~~!夏のビールは美味いね!もう一杯!」と口に泡を付けながらおかわりしてたら、おっさんかよ!と思わずツッコミたくなります。そういう女の人嫌いじゃないし付き合ったら彼女にそういう風にしてもらいたいけど、飲みっぷりが良すぎると色気が吹っ飛んでしまいます。
飲む酒にしても、焼酎とロックアイスと梅干を慣れた様子で注文してどんどんお酒を作ってたり、日本酒熱燗のとっくりを自分の前に独占してしっぽり飲み始めたりするとなんか飲みなれていすぎてこの女の子大丈夫かなと思いがっかりします。酒癖が悪いのはもってのほかですね。

NG行為4:スマホばっかり見ている

飲み会へのモチベーションは男女様々です。サークルの飲み会で彼氏候補を見つけるつもりで参加しているモチベーション高すぎな女の子だけじゃなくて、職場の飲み会で仕事の延長だと思って嫌々参加して早く終わって帰りたいと思っている女性がいるのもわかります。でも、飲み会っていちおうみんなで楽しみましょうという建前の場なのであまりにも女の子がつまらなそうにスマホばっかりチラチラ見たり、LINEに返信したり、ひっきりなしに通知がブルブル鳴って確認していると、その子への好感度が下がるというよりは、この子は飲み会がつまらなそうでかわいそうだな。自分たちにつき合わせてしまって申し訳ないなという気持ちに男の側がなってしまって、けっきょく両方楽しめないのです。飲み会中はスマホ見るなとかそこまでは言いませんが、心ここにあらず、飲み会の会話は右から左で心の中はスマホのLINE相手や飲み会終了時刻に夢中になっているのがわかってしまうと男はがっかりしてしまいます。

-恋愛

Copyright© スキンケアレッスン , 2018 All Rights Reserved.